FC2ブログ
*いつかどこかで誰かときっと…*
大好きな、

『王子様のプロポーズ』

2次小説です☆

今回のお話の、

『いつかどこかで誰かときっと…』

は、大好きな、ウィル王子のお話です☆

『いつかどこかで誰かときっと…』

で、1番描きたかった所は、最初の部分と対になっている、最後の、

…いつかどこかで誰かときっと…
そんな甘い夢みたいなおとぎ話何かでは無くって
…今この瞬間キミとずっと…
守ってみせるよ、俺のこの腕の中でと、永遠に…

です☆

1番最後の、

**Love Promise**

は、

“愛しているから、絶対守ると約束するよ”

と言う、ウィル王子のプリンセスの女の子の、りるちゃんへの想いが込められています☆

Next≫≫ウィル王子 “ **Photograph** ”
スポンサーサイト



いつかどこかで誰かときっと…
…いつかどこかで誰かときっと…

そんな甘い夢みたいな物語を俺は信じていた訳では無いんだ

それは決められた場所で決められた相手と定められたその通りにと

俺自身何て物は初めから無くて、

自由だとか意志だとかそれから1番大切なはずの気持ちですらもずっと必要無いって、

言い聴かせてきたはずだったんだ…

でも、何故だろう…キミと…りると出逢ってからの俺は今まで捨てて来たはずの、嬉しいという感情だとか、

キミと…りると、もっと

もっと一緒にいたいだとかいう欲も出て来てしまっているんだ…

兄のスティーブの変わりとなって王位を継いで、このフィリップ王国の国王となって、

例え相手に…セシルに愛する人が存在していたとしても、その事ですら瞳を背けて…

自分なりに精一杯向き合うつもりでいても、結局は何もかもをも見て見ない振りばかりしていたこの俺に…

りるはいつでも優しくそして暖かく、穏やかに微笑んでくれていて、

小さな華奢な身体で見た目もひどく幼くどこか危うげで、瞳を逸らす事が出来無くて、

それでもいつでも、真っ直ぐで一生懸命で、

“守ってあげたい”

そう心の中で、生まれて初めて想う反面、

きっと心の芯は強くて、ずっと1人だと想い続けて来た俺の支えとなる存在の、

あの1輪の花の様にと凛として強く咲き誇るかの様な、そんなキミにと…りるへと俺は惹かれていって

“何もかもを捨ててでも、俺は君の事を守りたい”

…いや、必ず絶対に、りるの事は俺が生涯守っていくと、あの雨の日に俺は心に決めて、

 りるへと誓ったんだ…

何も要らない必要無い、何も欲しくない何も要らない…国の為にと自分を捨てて何もかも捨てて、

感情にそして心でさえも失いかけていたこの俺に、

生まれて初めて、

“手放したくない”

そんな感情を持たせてくれたりるに…

本当はずっと必死になって押し殺していた全ての事を、

晒け出しても良いんだとその暖かな存在で包んで言っていてくれている気がして…

冷めた瞳で世界を見据える俺のこの青い瞳に、キミは…りるは光をくれたね

俺にとってのりるの存在は、眩しくて柔らかくて暖かくって、決して手放したく何て無かったんだ

…いつかどこかで誰かときっと…

そんな甘い夢みたいなおとぎ話何かでは無くって

…今この瞬間キミとずっと…

守ってみせるよ、俺のこの腕の中でと、永遠に…

**Love Promise**
*Secret x Secret*
大好きな、

『王子様のプロポーズ』

2次小説です☆

今回のお話の、

『Secret x Secret』

は、ゼン執事に想いを寄せる女の子、埜乃ちゃん目線のお話です☆

『Secret x Secret』

で、1番描きたかった所は、2つあって、まず1つ目は最初の、

「…秘密です」
そう云いながら、永くて細い人差し指を立てて唇へと当てて、
綺麗な薄い碧の瞳を細めて愉しそうにと少し意地悪気に微笑む、
そんな貴方の、1番の“秘密”を何時か私に教えてくれる其んな日は、訪れてくれますか―?

と、2つ目は、1番最後の、

…ねぇ、でも、ゼンさん。
貴方の“秘密”を知ってしまったその瞬間、
其れよりも更に、もっともっと、深い“秘密”を、何時か私に教えてくれますか…?

です☆

1番最後の、

Xx Secret x Secret xX

は、

“ゼンさんの持っている2つの“秘密”をこの先のいつか、埜乃ちゃんと2人で共有する”

と言う意味が込められています☆

そして、勝手に、今回のお話のイメージは、
かなり前にも書いていて、大好きな、Perfumeさんの、

♪シークレットシークレット ♪

です☆

今回のお話の

『Secret x Secret』

の続きと言うか、執事見習い?のテオ君目線のお話が、かなり前にUPした、

『センチメートル』

です☆

Next≫≫ウィル王子 “ いつかどこかで誰かときっと”
Secret x Secret
「…秘密です」

そう云いながら、永くて細い人差し指を立てて唇へと当てて、

綺麗な薄い碧の瞳を細めて愉しそうにと少し意地悪気に微笑む、

そんな貴方の、1番の“秘密”を何時か私に教えてくれる其んな日は、訪れてくれますか―?

xX Secret x Secret xX

「ゼンさんっ!」

小さく華奢な体に其れから、誰から見ても可愛らしくて丸で女の子その物だと云う位に愛らしいその外見に、

高く柔らかく可愛い声に其れから、小さな歩幅でたたっと駆け寄り、

嬉しそうにと花の様な笑顔を浮かべるその様に、

「これはこれは…りる様、お久しぶりでございます」

一瞬、ほんの一瞬のその瞬間、“完璧な執事”の仮面は剥がされ、

ふっと嬉しそうにと揺らぐ薄い碧の其の瞳。

「はいっ、ゼンさん、お久しぶりです!今日は、ノンちゃんは…?」

「ノーブル様でしたら、本日は…」

唯のパーティーに訪れている、一般のお客様何かでは無い、何故なら…

「…こんな所にいた」

誰もが1度は憧れ、きっと其の人に恋をする、世界中の女性をも虜にさせてしまうであろう、

“金色の髪に、青い瞳の王子様”の―

「ウィルっ!」

ぱぁっと、其れこそ光輝く様な、先程よりも更に嬉しそうでいて幸せそうな笑顔が向けられたその先で。

「…全く、キミは瞳を離すとすぐに姿が見えなくなるから」

一瞬、例え1秒たりとも離れたく無い、ずっとずっと、1番近くで一緒にいたいと、“王子様”は願っている筈で。

「ウィル…ごめんね…お水を貰おうって想ってたら、迷っちゃって…」

大きな澄んだ、きっと世の中の濁りも汚れも全く識らない、綺麗な瞳でじっと見上げられたのならば、

“王子様”は、青い瞳を眩しそうにと優しく揺らして、

「そうだね…りるは今まだシャンパンは飲めないから…」

今日はりんごジュースでは無くていいの…?と、普通決して表情を崩さない王子様は、

パーティー会場と云う公の場では珍しく、

ははっと微笑って、愛おしそうにと、小さな“お姫様”の人柄その物の様な柔らかくふわふわとした、

パーマの掛かった永い髪をポンポンと撫でて。

「ウ、ウィル…っ!今日は、お水で、大丈夫だもん…っ」

かぁっと色の白い肌を真っ赤にと染めて、

ちょこちょこと小さな其の手でウィル王子の白い正装の端を引っ張り、

丸でじゃれ合うかの様な2人を見つめているのは、又しても、

普段は決して崩れる事の無い“執事”の仮面を付ける事すらも忘れてしまって、

少し寂しそうにとぼんやりと移ろい佇む薄い碧の其の瞳。

…でもね、そんな一瞬の表情に気が付いているのはきっと、私だけで…

「それでは直ぐにお飲み物をお持ち致しましょう」

…ほらね、もう普段通りの“完璧な執事”の仮面を付けてる…

「あぁ、ゼン、りん…」

「ゼンさん、ありがとうございますっ!」

何かを云いかけたウィル王子とほぼ同時に、プリンセスのりる様は、にこっと笑って、

素直にお礼の言葉を口にする。

純粋で、見た目も中身も可愛らしくて、ふわふわとした、

リボンやレースの付いたドレスの似合うりる様の姿を見ながら、

私はもう何杯目かも数え切れない位に口にしつつも表情1つ変わらない、ワインのグラスを傾け、

高いヒールを履いたのならば、

下手をすれば王子様と近くなってしまう程に無駄に永いだけの此の身長に、

飾り気の無いリボン処か模様すらも無いシンプルなドレス姿の自分と比べてしまい、

想わず溜め息が零れてしまいそうになる。

…きっと、世の中の男の人は皆、私みたいに見た目も中身も可愛気の無い女の子よりも…

そう想いながら、茶色くふわふわとした永い髪を下ろしたりる様とは、何もかも真逆な、

漆黒の髪を1つに束ねてアップにした自分の頭をぷるぷると揺らす。

…ううん、きっと、ゼンさんは、りる様の事を…

可愛い気が無いと云うのは、何も無駄に永いだけの手足だけでは無くて、

女だからと唯其れだけのそんな理由で、

蔑まれるのが悔しくって、必死にひたすら励んだ努力を重ねた賜物の、

頭の回転の速さも生きて行く上では必要だとしても、

“好きな人”の前では煩わしくって必要の無い物かも知れない。

…ねぇ、でも、ゼンさん。

貴方の“秘密”を知ってしまったその瞬間、

其れよりも更に、もっともっと、深い“秘密”を、何時か私に教えてくれますか…?

Xx Secret x Secret xX
*臆病者は、恋を嗤う*
大好きな、

『王子様のプロポーズ』

2次小説です☆

今回のお話の、

『臆病者は、恋を嗤う』

は、ゼン執事のお話です☆

『臆病者は、恋を嗤う』

で、1番描きたかった所は、

…だけど俺は本気でウィル王子のプリンセスを…りる様を、奪ってしまいたかった訳では無い。
手には入らない自分の物にはならないだからこそ、理由を付けてセーブをして迄守りたかったのは、
弱く愚かな自分自身―

です☆

1番最後の、

**Top Secret**

は、1番最後の部分の、

ずっと心に秘め続けてきた最大の“秘密”にそれからもっと自分でも信じられない様な更に大きな“秘密”をと、
この私が埜乃様に対して打ち明ける事は、今は未だ、先のお話…

と言う意味が込められています☆

Next≫≫ゼン執事? “ Secret x Secret”